メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

ブロック倒壊、南島原市で震度5強 連夜の揺れ352人避難 /長崎

地震で倒れた民家のブロック塀

 16日未明に発生した熊本県を震源とする地震で、県内も南島原市の震度5強をはじめ連夜にわたって激しい揺れに見舞われた。震度5強が県内で発生したのは、2005年3月の福岡沖玄界地震で壱岐市で観測して以来。南島原市ではブロック塀が崩れるなどの被害が出て、最大118世帯352人が自主避難した。余震が続く中、17日未明から明け方に1時間に50〜60ミリの大雨が予想されており、長崎地方気象台は「地震によって地盤が弱くなっている可能性が高く、土砂災害などの危険性が高まっている」として注意を呼びかけている。【近藤聡司、加藤小夜、中尾祐児、今手麻衣】

 「地震で跳び起きて、テレビをつけると津波注意報が出ていたので高台に逃げた。15分ぐらいで戻ると倒れ…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです