メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『焼野まで』=村田喜代子・著

 (朝日新聞出版・1728円)

空虚な明るさの底に永遠に取り残され

 主人公の和美は、東日本大震災の直後に子宮体ガンを告知された。葛藤と思案検討の末、一般的な切除手術ではなく、X線の四次元照射による特殊な放射線治療を選択して、九州最南端の町へやって来た。そこは焼島の頻繁な噴火によって火山灰の降り積もる地。

 一日数分間の照射のために、近くに借りたウィークリーマンションからオンコロジー・センターに通う。オンコロジーとは、腫瘍医学の意味で、このセンターは投薬の窓口も、入院施設もない、特殊な放射線治療のみを行う施設である。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです