メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『僕の名はアラム』/『アルメニア人の歴史』

 ◆『僕の名はアラム』 ウィリアム・サローヤン著、柴田元幸訳

 (新潮文庫・562円)

 ◆『アルメニア人の歴史』 ジョージ・ブルヌティアン著、小牧昌平監訳、渡辺大作訳

 (藤原書店・9504円)

サローヤンとアルメニア人の運命

 柴田元幸編『マーク・トウェイン』(集英社文庫ヘリテージシリーズ)の、とりわけ「ハックルベリー・フィンの冒険 抄」の柴田訳(ほとんど平仮名!)に度肝を抜かれていたら、続いて同じ訳者によるサローヤンの『僕の名はアラム』の新訳が出て、訳文に釣られてつい読み通してしまった。数十年ぶりの再読だが名作である。アラム・ガログラニアンという作者を思わせる語り手の、一九一五年から二五年にかけての、つまり七歳から十七歳にかけての、カリフォルニア州フレズノで過ごした日々がつづられているのだが、以前はそれほどにも思っていなかった「サローヤンはアルメニア移民の子である」という事実が強く迫ってきた。

 「僕たちは貧しかった。一文無しだった。一族全体が貧困にあえいでいた。ガログラニアン家は世界でもっと…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです