メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

メキシコ 柳下毅一郎・選

 <1>メキシコ麻薬戦争(ヨアン・グリロ著、山本昭代訳/現代企画室/2376円)

 <2>骸骨の聖母 サンタ・ムエルテ(加藤薫著/新評論/2160円)

 <3>2666(ロベルト・ボラーニョ著、野谷文昭ほか訳/白水社/7128円)

 メキシコは死にとりつかれている。ポサダの絵によって、あるいは髑髏(どくろ)で町が覆われる「死者の日」によって知った人もいるだろう。あるいはサンタ・ムエルテ信仰によって。サンタ・ムエルテは頭巾をかぶった骸骨の像である。骸骨なのだから男女の別はないはずだが、なぜか女性とされる。サンタ・ムエルテは祈りに応えて願いを叶(かな)えてくれるという。

 サンタ・ムエルテ信仰はもちろん既成のキリスト教からははずれたものである。エスタブリッシュメントとな…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1094文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです