熊本地震

国重文の被害深刻 阿蘇神社、熊本城など崩壊

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
崩壊した熊本城の重要文化財の櫓=熊本市中央区で16日午前8時7分、本社ヘリから矢頭智剛撮影
崩壊した熊本城の重要文化財の櫓=熊本市中央区で16日午前8時7分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 熊本城(熊本市中央区)の一部損壊を招いた熊本地震は16日の強い揺れで、さらに熊本県内の文化財に深刻な被害をもたらした。

 天守閣の石垣が崩れるなどした熊本城は、16日の揺れで天守閣周囲の「宇土櫓(うとやぐら)」につながる通路部分、「東十八間櫓(ひがしじゅうはちけんやぐら)」と「北十八間櫓(きたじゅうはちけんやぐら)」が崩壊した。いずれも国重要文化財で、明治期の西南戦争で焼失後に築造された天守閣と違い、1600年初頭の…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集