メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

終わらぬ恐怖 復旧、阻む余震(その2止)

土砂崩れで寸断した国道57号や豊肥線の線路=熊本県南阿蘇村で16日午前7時36分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

ライフライン深刻 断水、停電、道路寸断

 ライフラインへの深刻な影響がさらに広がった。

 毎日新聞の集計では、少なくとも熊本県約39万世帯▽大分県8511世帯▽宮崎県2720世帯▽長崎県50世帯▽佐賀県28世帯−−の計約40万世帯で断水した。復旧の見通しは立たず、水が出ても濁って飲用に適さないものがある。熊本県は水源の8割を地下水で賄っており、県の担当者は「地下水に土砂が混入した可能性がある」としている。

 熊本、大分、宮崎の3県で一時約20万3700戸が停電。うち約19万7200戸は熊本県内で、南阿蘇村…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1475文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです