メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

交通網寸断 スーパーの営業にも影響 

おにぎりの炊き出しを待って長蛇の列を作る被災者=熊本県益城町で2016年4月16日午後、三村政司撮影

 多くの地域でライフラインが途絶した熊本県では、高速道路などの交通網が寸断され物資が届きにくい状況も重なり、熊本市や近郊などのスーパーが軒並み営業を取りやめた。

 イオングループの「マックスバリュ」は熊本市の西熊本店などを臨時休業した。

 各社のホームページ(HP)によると、熊本市に隣接する同県嘉島町の…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです