熊本地震

土砂崩れで軽乗用車あわやダム転落 大分・日田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
擁護壁を乗り越えた土石流に直撃され、右下の松原ダムに転落寸前の軽乗用車=大分県日田市天瀬町出口で2016年4月16日、楢原義則撮影
擁護壁を乗り越えた土石流に直撃され、右下の松原ダムに転落寸前の軽乗用車=大分県日田市天瀬町出口で2016年4月16日、楢原義則撮影

 熊本県小国町の杖立温泉から日田方面へ1キロほどの大分県日田市天瀬町出口の国道212号では、16日未明の地震によるとみられる土砂崩れで、軽乗用車が大破する事故があった。日田署によると、乗っていた30代の女性が腰の骨などを折る重傷、同じく30代の男性と子供が軽傷。切り立った山の斜面から落ちた岩交じりの…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

あわせて読みたい

ニュース特集