メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

自衛隊2万5000人規模に拡大へ

熊本地震を受けた第5回非常災害対策本部会議で発言する安倍首相(中央)=首相官邸で2016年4月16日午前11時34分、山本晋撮影

 政府は16日、熊本県での同日未明の地震で被害が拡大したことを受け、現地に投入する救援要員の拡充を決めた。当初2000人規模だった自衛隊は17日以降、2万5000人規模に拡大する。16日夜に降り始めた雨で土砂崩れなど2次被害が発生する恐れもあり、危機感を募らせている。

 安倍晋三首相は16日、現地視察を中止し、首相官邸で陣頭指揮を執った。同日夜、記者団に「細心の注意を払って被害拡大防止に万全を期す」と強調。「熊本市で食料や水が不足している。全力で対応する」と語った。政府は3日分の食料として90万食を提供する作業を急いでいる。

 首相はこれに先立つ非常災害対策本部会議で「夜間の活動は困難なものになるが、助けを待つ人がいる。人命…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文815文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです