メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

企業の生産、影響深刻 工場再開できず

 熊本県などで14〜16日に発生した一連の地震が、企業の生産活動に深刻な影響を及ぼし始めている。余震が続く中、設備の安全確認を行えず、生産活動を再開できない企業が続出、影響は長期化しそうだ。

 熊本県には自動車関連の工場が多く、各社は対応に追われている。ホンダは、二輪車を生産する熊本製作所(大津町)の操業を14日の地震発生直後から停止。余震が続き設備の点検が進まないため、週明け18日も稼働を取りやめることを決めた。19日以降の予定はまだ決まっていない。トヨタ自動車九州にドア部品などを納めるトヨタ系の部品メーカー・アイシン九州も、地震発生直後から停止している熊本市南区の2工場(子会社含む)について、「工場内の状況を正確に把握できない。余震が続けば作業はできない」(親会社のアイシン精機広報)という。

 他の製造メーカーも同様だ。三菱電機は、操業停止中の半導体などを作るパワーデバイス製作所(合志市)に…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです