メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「我が子のような存在」南阿蘇村で学生3人死亡

押しつぶされたアパートの1階から大学の友人が心肺停止で発見され、アパートの前でうなだれる大学生=熊本県南阿蘇村で2016年4月16日午後3時37分、津村豊和撮影

 16日未明に再び熊本県などを襲った大地震。学生ら向けのアパートが倒壊し、多数の土砂崩れも起こるなど大きな被害があった南阿蘇村。東海大阿蘇キャンパス近くでは、アパートが少なくとも6棟倒壊し、16日未明から消防の救助隊員らが生き埋めとなった学生らを10人以上救助したが、脇志朋弥(わき・しほみ)さん(21)、清田啓介さん(18)ら学生3人の死亡が確認された。

 学生11人が暮らしていた木造2階建ての「竹原アパート」では午後3時半ごろ、つぶれた1階からブルーシートに包まれた遺体が運び出された。様子を見守っていた友人らから「だめだったか」とため息が漏れた。近くに住む家主の竹原めぐみさん(72)は「学生は我が子のような存在です」と涙を浮かべた。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです