メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

大きな亀裂、道路寸断…益城町

倒壊した家屋の中をビニールシートを持って歩く女性=熊本県益城町で2016年4月16日午前9時57分、久保玲撮影

 14日夜の地震で集中的な被害が出た熊本県益城(ましき)町は16日未明の地震によって被害が更に拡大した。民家の倒壊が増え、道路には大きな亀裂が入り、寸断された。

 平田地区に住む西村正敏さん(88)と美知子さん(82)夫婦は、同居する孫の洋介さん(38)とともに倒壊した自宅の下敷きに。洋介さんは月明かりを頼りに何とか自力で外に出たが、夫婦は約6時間後、遺体で見つかった。「『痛い、動けない』と言う祖母の姿が見えた」。洋介さんは救出できなかった無念を明かした。

 安永地区の山内由美子さん(92)も自宅が倒壊し、命を落とした。長女坂田由理子さん(68)によると、…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです