メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・子どもの日本語教育ネットワーク

外国ルーツの子支援のため、ボランティアら連携、日本語指導で情報交換 /奈良

 外国にルーツを持つ子供たちを支援する県内のボランティアらが、連携組織「奈良・子どもの日本語教育ネットワーク」を設立した。代表の渋谷真樹・奈良教育大教授(異文化間教育)は「孤立しがちな子供本人、指導する日本語教師らの助けになりたい」と話している。

 外国にルーツを持つ子供とは、親の国際結婚や就業に伴って来日した児童・生徒、日本に帰国した中国残留孤児の家族3世など。県教委の昨年の調査によると、日本語指導が必要な小中学生は県内で約120人。「潜在的な数はもっと多い」との声もある。

 県教委や各市町村教委は、非常勤の日本語教師を学校に配置している。ただ、日本語が話せるようになっても…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです