メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

探鳥会

守ろう干潟、探そう渡り鳥 吉野川河口で県野鳥の会 /徳島

吉野川の水面や干潟にいる野鳥を観察する日本野鳥の会県支部の会員ら、河村諒撮影

 日本野鳥の会県支部は17日、渡り鳥の餌場となる干潟や湿地の大切さを知ってもらおうと、徳島市の吉野川河口付近で探鳥会を開いた。会員ら約20人が参加し、飛来したシギやチドリなどの渡り鳥を双眼鏡や望遠鏡を使って観察した。

 長崎県の諫早湾は1997年4月14日、干拓事業により堤防が閉め切られた。干潟や湿地の多くが農地になり、渡り鳥が行き場を失ったことを語り継ごうと、日…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです