メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

引き揚げ者、どう伝えた 多数の犠牲つかめず

1946年5月31日の毎日新聞朝刊(東京本社版)2面

 第二次大戦の終結時、海外にいた日本人は当時の人口の1割に相当する660万人。軍人以外に限っても300万人いた。

 旧ソ連軍が侵攻した旧満州(現中国東北部)には終戦時、国策による農業移民「満蒙開拓団」を含め155万人の民間人が残された。冬は越せたのか。情報が届かぬまま翌1946年春、本格的な引き揚げが始まった。

 第1陣を乗せた船が長崎県の佐世保港に着いたのは46年5月14日。翌15日の毎日新聞朝刊(東京本社版…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです