メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

奨学金のため必死に勉強=東京都知事・舛添要一さん

舛添要一さん

舛添要一(ますぞえ・よういち)さん

 私が中学2年のとき、父親ががんで亡くなりました。成績は良かったけど、早く働いて稼がないといけなかった。

 当時、5年制の国立工業高等専門学校が鳴り物入りでできました。経済成長のために若い技術者がほしいということで、国策で進められたわけです。北九州市に住んでいたから、山口県の宇部高専が一番近い。北九州は八幡製鉄(現新日鉄住金)のお膝元。高専に行き、技術者として地元の大企業に入って早く生活を安泰にしたいと思いました。

 それで、宇部高専と普通科の福岡県立八幡高校を受けて、両方ともトップか何かで通りました。当時は、国立…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです