メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「ひとり終活」で死を考える

 小谷みどりさんが新著の「ひとり終活」を出した。第一生命経済研究所の主席研究員は、テレビ出演も多い葬送問題研究者。副題に<不安が消える万全の備え>とある。女性学の大御所、上野千鶴子さんが昨年秋に出した本が「おひとりさまの最期」。今、終活研究の最先端は、「独居」に関心があるようだ。

 2人とも本の中で、まず「ひとり暮らしはかわいそうか?」と問いかけている。支援の必要なケースはもちろんある。だけど、一律に「かわいそう=不幸」のレッテル貼りはよくないと訴える。いまや高齢者のいる世帯の4分の1は1人暮らし。2035年には東京だと半分近くはそうなる、という推計もある。夫婦のみ世帯も「独居予備軍」といっていいから、多くの人にとって「ひとり終活」の準備は必須なのだろう。

 ひとりで生き、ひとりで死ぬことを想定して具体的なメニューについて書いてあるのが、小谷さんの新著の特徴だ。たとえば、なるべく体を健康に保つためには、「テクテク・カミカミ・ニコニコ・ドキドキ」な生活態度が大切らしい。あとは死後手続きのあれこれとか、遺品整理の方法、ペットの行く末まで。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです