メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・学ぶ

小中一貫教育制度化 「中1ギャップ」解消に期待

入学式で9年生と手をつないで入場する1年生=東京都品川区立日野学園で、猪飼健史撮影

 小中一貫教育を制度化する改正学校教育法が4月1日に施行され、小学6年と中学3年の義務教育を一貫した教育課程(カリキュラム)で学ぶ学校が増えつつある。義務教育期間の区切りを従来の「6・3」ではなく「4・3・2」など自由に設定でき、カリキュラムを柔軟に編成できるようになるほか、中学進学の環境変化でいじめや不登校が増える「中1ギャップ」の解消にも期待がかかる。一方、9年間人間関係に大きな変化がないなど、課題もあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2178文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです