メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

没後初、塚本邦雄展=酒井佐忠

 塚本邦雄の偉大な歌業を再現する「塚本邦雄展−現代短歌の開拓者」が日本現代詩歌文学館(岩手県北上市)で開催中。近代写実主義から短歌を解放し、古今東西の博識を生かし、短歌の芸術性と美学を求めた歌人の全貌を明らかにする貴重な展覧。2009年、作家で長男の塚本青史氏から蔵書や遺品が同館に一括寄贈され、没後初の大がかりな企画展が実現した。

 <日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも><馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人恋はば人あやむるこころ><突風に生卵割れ、かつてかく撃ちぬかれたる兵士の眼(まなこ)>。代表歌にこめられた歌人の意図や方法を、いま現在を生き、文学に携わる者として改めて鑑賞したい。直筆の書や色紙、少年期の畏友・杉原一司や三島由紀夫、中井英夫らとの書簡、推敲の跡も生々しい歌稿ノート、歌集『水葬物語』など多く…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです