メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

救助「あきらめぬ」 南阿蘇で懸命の捜索 被災者の疲労色濃く

捜索が続く土砂崩れ現場=熊本県南阿蘇村の「火の鳥温泉」で2016年4月17日午後3時7分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 2度の大地震により被害が拡大した熊本地震の被災地では、17日も多数が行方不明となっている熊本県南阿蘇村を中心に捜索活動が続けられた。被災地では地震がおさまらず、高速道路や鉄道網の復旧も遅れ、燃料や食料などの物資も不足している。14日の最初の地震から3日が過ぎ、被災者の間では疲労の色も濃くなり始めた。

 南阿蘇村では17日、雨が上がった朝から、不明者情報があった4カ所で陸上自衛隊や警察の機動隊員らによ…

この記事は有料記事です。

残り3364文字(全文3565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです