メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委

揺れ、停止基準下回る「安全上の問題ない」

九州電力川内原発=鹿児島県薩摩川内市で2016年4月15日午前8時35分、本社機「希望」から長谷川直亮撮影

 原子力規制委員会は18日、熊本地震を受けた臨時会合を開き、地震の揺れが周辺の原発の自動停止基準をいずれも下回っていることを確認した。田中俊一委員長は「今は安全上の問題はない」と述べた。

 各原発で観測した揺れの最大値は、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)8.6ガル(ガルは加速度の単位)▽同玄海原発(佐賀県)20.3ガル▽…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです