メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

壮瞥町

優しく力持ち、北の湖親方を追悼…古里でしのぶ会

「しのぶ会」で相撲人生を全うした故北の湖親方の思い出を語る遺族代表のとみ子夫人と2人の息子=北海道壮瞥町で2016年4月17日、横尾誠治撮影

 昨年11月に62歳で亡くなった元横綱の北の湖・前日本相撲協会理事長(本名・小畑敏満)をしのぶ会が17日、古里の北海道壮瞥町で開かれ、とみ子夫人や町内外の関係者ら約220人が参列した。

 土俵とまわしをモチーフにした祭壇に北の湖親方が1992年に名誉町民を受賞した時の羽織姿の遺影が飾られた会場で、母校…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです