メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難20万人…死者42人、住宅損壊2442棟

大規模な土砂崩れ現場で行方不明者を捜索する大勢の自衛隊員や警察官ら=熊本県南阿蘇村で2016年4月17日午後1時42分、森田剛史撮影

 熊本、大分両県で14日から続発している地震で、熊本県で新たに1人の死亡が確認された。これで犠牲者は42人になった。依然として7人の行方が分かっておらず、警察や自衛隊などが懸命な捜索活動を続けた。2県の負傷者は1063人、うち重傷者は205人を数え、避難者は計約20万人。住宅の損壊が2442棟に及ぶことも判明し、被害が広範囲に及ぶことが裏付けられた。一方、車両が脱線して不通になっている九州新幹線で、高架橋の亀裂が見つかるなど深刻な被害が初めて判明した。【中里顕、曽田拓、取違剛】

 熊本県警によると、17日午後6時ごろ、南阿蘇村で1人が心肺停止の状態で見つかりその後死亡が確認された。県警などによると、同村では7人が行方不明となっており、同村や被害の大きかった熊本県益城(ましき)町などで警察官や消防・自衛隊員ら約2万6000人が捜索や給水活動などを続けている。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです