メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

断層跡が生々しく…「日奈久」複数の箇所で亀裂

モグラが掘り進んだような形に盛り上がる断層の痕跡=熊本県御船町で2016年4月17日午前11時29分、飯田和樹撮影

 熊本の地震の調査のため現地に入った遠田晋次・東北大教授(地震地質学)に同行し、地表に現れた断層の痕跡を探して被災地を歩いた。14日に前震があった日奈久(ひなぐ)断層帯周辺では、これまでに見つかっていなかった地表面の亀裂を複数の箇所で確認した。14日の段階ではなかった痕跡で、16日の布田川(ふたがわ)断層帯の本震に伴って再度動いたとみられる。本震以降、日奈久断層帯沿いの地震活動は南西方向に拡大しているが、こうした断層の動きが原因となっている可能性が浮かんだ。【飯田和樹】

 九州中央自動車道小池高山インターチェンジの南にある熊本県御船(みふね)町高木の公民館。敷地のアスフ…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1320文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです