メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「飲もうって言ったのに」…受け止めきれぬ死

坂本龍也さんが亡くなった場所で手を合わせる川田史彦さん=熊本県益城町で2016年4月17日午後5時31分、三村政司撮影

 「彼女できたばい」。幸せの絶頂にあった若者の命を奪った14日夜の地震。熊本県益城町で、ブロック塀の下敷きとなり亡くなった坂本龍也さん(29)=熊本市東区=は先月、高校時代の親友に彼女ができたことを報告し、近く予定されていた野球部の同窓会を楽しみにしていたという。友人や恩師はその早すぎる死を悔やんだ。

 高校時代の同級生だった川田史彦さん(29)は17日、坂本さんが亡くなった現場を訪れ、手を合わせた。

 先月、電話で話したのが最後。「彼女できたつや(できたのか)」「できたばい」。坂本さんはうれしそうに報告したという。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです