メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

ディーマジェスティ優勝…皐月賞

 中央競馬のクラシック3冠第1戦、第76回皐月賞(G1)は17日、中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝8番人気のディーマジェスティが、3年前のレースレコードを0秒1更新する1分57秒9で優勝し、賞金1億円を獲得した。蛯名正義騎手は2年ぶり2回目、二ノ宮敬宇(よしたか)調教師は初の皐月賞制覇。ディーマジェスティは2005年の優勝馬ディープインパクトを父に持つ馬で初めて皐月賞を制した。同賞の「父子制覇」は史上8組目。

 単勝3番人気のマカヒキが2着、1番人気のサトノダイヤモンドが3着に入り、2番人気のリオンディーズは4位入線も進路妨害で5着に降着になった。売り上げは186億4631万2700円で前年比10.7%増だった。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです