ペット

犬猫保護施設の資金調達サイト開設 オリックスが全面協力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本フリスビードッグ協会関西本部長の団野悦郎さんとくつろぐ「THE DOG」。この後、球場でフリスビーの妙技を披露してくれた=神戸市須磨区緑台のほっともっとフィールド神戸で2016年4月17日午後0時25分、錦織祐一撮影
日本フリスビードッグ協会関西本部長の団野悦郎さんとくつろぐ「THE DOG」。この後、球場でフリスビーの妙技を披露してくれた=神戸市須磨区緑台のほっともっとフィールド神戸で2016年4月17日午後0時25分、錦織祐一撮影

 関西の動物愛好家らでつくる一般社団法人・関西ペット協会(神戸市)が殺処分前の犬や猫を保護し、新たな飼い主に譲渡する施設を建設しようと、ネット上で寄付を募って資金調達するクラウドファンディング(CF)のサイト(http://crowdfunding.petinformation.jp/)をつくった。神戸にゆかりの深いプロ野球オリックスの全面協力を得て、寄付してくれた人にはお礼に球団特製トートバッグなどを贈る。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1327文字)

あわせて読みたい

注目の特集