メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

「笑点」とかけて居酒屋のモツ煮と解きます。そのココロは…定番だが変わらぬいい味です 放送開始50年

現在の大喜利メンバー=日本テレビ提供

 日曜夕方のおなじみ、日本テレビ系の演芸番組「笑点」が、1966年5月15日の放送開始以来50年を迎える。ただ長寿なだけじゃない、現在も15〜20%の高視聴率をたたき出す人気番組だ。チャンネルを合わせると、気がつけば笑っている。お茶の間で半世紀も愛され続けた笑点。そのココロは−−。【庄司哲也】

 4月9日に行われた公開収録。カラフルな着物に身を包んだ大喜利のメンバーが舞台に登場すると、観客席から「待ってました」とばかりに拍手がわき起こった。司会の桂歌丸さんの出題にメンバーが気の利いた回答やおとぼけを発揮する度に観客席がどっと沸く。社会風刺やメンバー同士のののしり合いもおなじみの光景だ。毎週お決まりのパターンのようにも見えるが、笑いでしっかりと時代を切り取ってきた。

 例えば昨年10月の放送で歌丸さんが読み上げた出題はこんな内容だ。「選挙権を18歳から認めようという…

この記事は有料記事です。

残り2321文字(全文2706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです