メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 『とと姉ちゃん』と花森安治=中森明夫

 NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が始まった。雑誌「暮しの手帖(てちょう)」の創刊者・大橋鎭子(しずこ)をモデルとした一代記だ。大橋は3年前、93歳で亡くなった。ドラマの原案「『暮しの手帖』とわたし」は90歳の時の著作だから驚きだ。

 3姉妹の長女として生まれ、10歳で父を亡くした。とと(父親)代わりの姉が“とと姉ちゃん”の由来である。終戦の秋、花森安治と出逢(であ)う。花森を迎え入れた大橋姉妹によって「暮しの手帖」は創刊された。

 花森安治は戦後を代表する人物だ。何より、その風貌が特異だった。オカッパ頭の長髪で、スカートをはいて…

この記事は有料記事です。

残り1433文字(全文1702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです