メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 『とと姉ちゃん』と花森安治=中森明夫

 NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が始まった。雑誌「暮しの手帖(てちょう)」の創刊者・大橋鎭子(しずこ)をモデルとした一代記だ。大橋は3年前、93歳で亡くなった。ドラマの原案「『暮しの手帖』とわたし」は90歳の時の著作だから驚きだ。

 3姉妹の長女として生まれ、10歳で父を亡くした。とと(父親)代わりの姉が“とと姉ちゃん”の由来である。終戦の秋、花森安治と出逢(であ)う。花森を迎え入れた大橋姉妹によって「暮しの手帖」は創刊された。

 花森安治は戦後を代表する人物だ。何より、その風貌が特異だった。オカッパ頭の長髪で、スカートをはいて…

この記事は有料記事です。

残り1433文字(全文1702文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです