メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

支援物資の送り方は?=回答・平林由梨

町役場に集まった支援物資=熊本県益城町で2016年4月16日午後1時25分、三村政司撮影

ニーズ把握必要 荷詰めに工夫を

 なるほドリ 熊本地震で被災(ひさい)した人たちに役立つ物を送りたいな。 

 記者 気持ちは分かります。でも、過去の震災では、支援物資(しえんぶっし)があふれて仕分けに職員が忙殺(ぼうさつ)され「第2の被害」と言われました。

 Q それは大変だ。

 A 被災者支援のNPO法人「レスキューストックヤード」(名古屋市)の浜田ゆう事務局長(50)は「物が不足するのは物が無いからではなく、交通やライフラインが絶たれて物流(ぶつりゅう)が滞(とどこお)るため。供給(きょうきゅう)ルートが立ち直れば企業や自治体から多くの備蓄品(びちくひん)が届くはず」と指摘します。個人で送った物が届く頃にはニーズが変わっていることがあり、現…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  3. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです