熊本地震

車中泊1人死亡 エコノミー症候群23人搬送

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土砂の中から発見した行方不明者を搬送する自衛隊員ら。重機と手作業で数メートルの深さまで掘り下げて発見した=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午前9時32分、丸山博撮影
土砂の中から発見した行方不明者を搬送する自衛隊員ら。重機と手作業で数メートルの深さまで掘り下げて発見した=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午前9時32分、丸山博撮影

土砂から遺体、県内の死者45人に

 熊本県を中心に14日から続発している地震で、車内に避難していた熊本市西区の女性(51)がエコノミークラス症候群で死亡した。熊本市が19日発表した。今回の地震での同症候群による死者は初めて。毎日新聞の調べで同症候群の疑いで少なくとも23人が熊本市内の病院に搬送され、複数が重体となっている。一方、熊本県南阿蘇村では19日も行方不明者の捜索が続き、同村河陽(かわよう)の高野台団地の土砂崩れ現場で新たに女性1人が見つかり死亡が確認され、性別不明の1人も見つかった。県内の地震による死者は45人となった。【田畠広景、岩崎邦宏、蓬田正志、高瀬浩平】

 熊本市によると、同じ姿勢を取り続けることで、血液中に血栓(血の塊)ができ肺などの血管に詰まるエコノミークラス症候群で死亡した女性は、18日に自宅で車の中に自主的に避難していた。車を降りた際に倒れ、熊本市の国立病院機構・熊本医療センターに搬送され、典型的なエコノミー症候群と診断された。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1286文字)

あわせて読みたい

注目の特集