メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物愛護

犬と猫の架空都市「こにゃん市」で市長選

当選証書授与式で、秘書の平林さんに抱かれる第5代こにゃん市長のあんず

 滋賀県湖南市観光協会が作った犬と猫の架空都市「こにゃん市」の第6代市長を決める投票がインターネット上で繰り広げられている。市内には捨て猫や野良犬を保護する県動物保護管理センターがあり、動物愛護と観光PRが目的だ。一方で運営には課題が浮かび、センターとの連携も模索されている。【村瀬優子】

 「全ての住民が幸せに暮らせるようにがんばりますニャ」

 第5代市長の雌猫・あんずはマニフェストならぬ「ニャニフェスト」を掲げて昨年4月に当選。「秘書」となった飼い主の音楽講師、平林勲さん(51)の通訳を介し、夏祭り出席やブログ更新などの「公務」を果たしてきた。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです