熊本地震

防災学術連携体「断層帯の南西側に注意を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

1月に発足、初の共同会見 8学会の代表が出席

 熊本、大分両県で続発する一連の地震を受けて、日本地震学会や土木学会など50学会が加わる「防災学術連携体」が18日、東京都内で共同記者会見を開いた。

 14日に起きたマグニチュード(M)6.5の地震は日奈久断層帯のうち北端の高野−白旗区間、16日のM7.3の地震は布田川断層帯のうち東端の布田川区…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集