メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

由布院、少しずつ「通常の顔」に 海外客も訪問

湯の坪街道を観光するインドネシアからのツアー客ら。少しずつ人通りが戻ってきた=大分県由布市湯布院町で2016年4月18日、安部志帆子撮影

 16日未明の震度6弱の地震で被災した大分県由布市湯布院町。普段は観光客らでにぎわう温泉地の通りは閑散とし、飲食店やみやげ物屋は店内に商品が散乱していたが、18日までに、JR由布院駅前や湯の坪街道の店の約4分の1が営業を再開した。海外からの客も訪れるなど、少しずつ人通りが戻ってきた。【安部志帆子】

 16日にいち早く店を開けたのは駅前の「由布見(ゆふみ)通り珈琲」。シロップのビンなどが割れた店内を早朝から片付け、午前10時に営業を始めた。店長の谷口耀一さん(39)は営業するか迷ったが、従業員の津川真里恵さん(24)が「揺れは怖いけど、帰れない海外の人が多いはず。少しでも休めるところが必要ですよ。やりましょう」。

 同日の昼過ぎには、近所の人や由布から出られない観光客らが来店した。金沢市の女性(55)と北海道小樽…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文958文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです