メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世論調査

地震の行政対応「適切」は65%

 毎日新聞の16、17両日の全国世論調査で、熊本県で発生した地震への政府や関係自治体の対応について聞いたところ、「適切だと思う」は65%、「適切とは思わない」は13%だった。米国など7カ国の外相が広島市の平和記念公園を訪れたことを受け、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせたオバマ米大統領の広島訪問を「期待する」という回答は74%に上った。「期待しない」は15%だった。

 14日以降の震災への初動対応はおおむね評価されている。ただ、九州では「適切とは思わない」が20%とやや高かった。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです