メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『谷崎潤一郎文学の着物を見る』大野らふ 中村圭子/編著

谷崎文学の女性たちが妖しく艶やかに立ち上がる

◆『谷崎潤一郎文学の着物を見る』大野らふ 中村圭子/編著(河出書房新社/税抜き1900円)

 着物のおしゃれは組み合わせの妙にある。その要諦を圧倒的な迫力とともに教わったのは、当代随一の着物コレクター、池田重子のコレクションによる「日本のおしゃれ展」を観たときだった。初めて足を運んだのは二十年ほど前、伊勢丹美術館だったと記憶している。

 池田さんは大正十四年生まれ、昨年逝去したが、生涯を通じての信条は、「着物は豪華でなくとも優美であり…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1552文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  4. 小池祐貴9秒98 日本選手3人目9秒台 陸上男子100、ロンドンで
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです