メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 違法カジノが話題になっている。日本はそもそも賭博に厳しい国で、江戸時代では重大犯罪だった。たび重なる場合は流罪、死罪になった。ばくちで負けて金銀財宝衣服を取られた者が訴え出れば、罪を許した上で取られたものを取り返してやる、という法令が出たこともある。この法令には、自分も加担したのに許すのはおかしいという反論もあり、また、素人が訴え出れば商売人(プロ)の博徒を捕まえることができるのだから良いやり方だ、という論もあり、幕府も悩んでいたことがわかる。

 そこで気づくのは、江戸時代から賭博には必ずプロの胴元がいるということだ。詐欺的な手法が潜んでいるか…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです