メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 違法カジノが話題になっている。日本はそもそも賭博に厳しい国で、江戸時代では重大犯罪だった。たび重なる場合は流罪、死罪になった。ばくちで負けて金銀財宝衣服を取られた者が訴え出れば、罪を許した上で取られたものを取り返してやる、という法令が出たこともある。この法令には、自分も加担したのに許すのはおかしいという反論もあり、また、素人が訴え出れば商売人(プロ)の博徒を捕まえることができるのだから良いやり方だ、という論もあり、幕府も悩んでいたことがわかる。

 そこで気づくのは、江戸時代から賭博には必ずプロの胴元がいるということだ。詐欺的な手法が潜んでいるか、あるいは多数の人がくじを買うことで賭け金が集まる。多くの資金が集まれば勝者にいくらか渡しても手元にかなり残る。組織がお金をもうけるもっとも手っ取り早い方法なのだ。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです