メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

坂本龍一 作曲家冥利に尽きる 映画「レヴェナント 蘇えりし者」音楽担当

=宮武祐希撮影

 この仕事をやって、がんが再発しても、作曲家冥利に尽きる−−。22日公開の映画「レヴェナント 蘇(よみが)えりし者」の音楽を担当した坂本龍一は言い切る。念願のオスカー像を手にしたレオナルド・ディカプリオ演じる瀕死(ひんし)の重傷を負った主人公が、広大な自然に取り残された無力感や孤独感を表したメインテーマ。同時に、それらと格闘しながら生き残ろうとする力も表現しようと考えた。「今年は、病気で延期せざるを得なかったソロアルバムに集中したいけれど、この映画のような話が来たら、中断して引き受けてしまうかも」。今後、さらにスクリーンでその音楽を聴く機会が増えそうな「教授」である。

 2014年7月、中咽頭(いんとう)がんであることを公表し、休養に入った。「レヴェナント」の仕事を依…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです