メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ロジテック

破産 千葉市が提訴を見送り 売電代回収見込めず /千葉

 新電力大手の日本ロジテック協同組合(東京)に千葉市が売却した電力の代金約1億円が未回収となった問題で、市は支払いを求める民事訴訟を断念する方針を固めた。同組合が15日に破産手続きの開始決定を受け、提訴しても全額回収できる見込みがないというのが理由。市担当者は経営状況の把握が甘かったことを認め、「来年度に向け売電先を厳格に選ぶ方法がないか検討している」としている。

 市は北清掃工場(花見川区)の余熱で発電しており、2015年度は指名競争入札に参加した4社で最も電力…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです