メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

医療現場、手探り 弾性ストッキング有効

 熊本地震の被災者の避難は長期化も懸念される。余震が続き、交通インフラも十分でない中、医師らは手探りで健康管理のサポートや情報提供を進めているが、現場の混乱で支援が届かないケースも出ている。【小島正美、下桐実雅子、清水健二】

 エコノミークラス症候群を防ぐには、医療用の「血栓予防用弾性ストッキング」が効果的とされる。足の外側から適度な圧力を加えることで血流を改善し、血が固まるのを防ぐ仕組みで、手術後などに使われる。日本静脈学会などはこれを被災地に送ろうと、数百人分を福岡県内で確保した。

 しかし同学会によると、被災地への輸送手段が確保できていないという。「車で届けるにも人手がなく、道路…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 重度障害の男性、60年来の夢実現 小学校で授業と給食 児童ら「かなえてあげたい」

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 院内感染防止の対応甘く「反省」 18人死亡の結核病院院長が陳謝

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです