メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 ニューヨーク州予備選 地元で復権狙う 失言と大敗響くトランプ氏/7連勝許したクリントン氏

 【ニューヨーク國枝すみれ】米大統領選に向けた民主、共和両党の候補指名争いで、東部ニューヨーク州予備選の投票が19日午前6時(日本時間同日午後7時)から、始まった。共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の両トップランナーは苦戦が続いており、それぞれの地元で大票田でもある同州で勝利し、勢いを取り戻せるかが注目される。

 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた今月6〜17日の世論調査の平均値によれば、共和党は、トランプ氏の支持率が53・1%▽ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)が22・8%▽テッド・クルーズ上院議員(45)が18・1%−−の順。リードを保つトランプ氏は、ニューヨーク州の代議員95人の総取りを狙っている。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです