メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ロボット介護時代を見据えて=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 昨年日本とドイツの官民会合で高齢化問題が議論されていた折、駐日ドイツ大使のベアテルンさんが皆に一つの質問をした。「老後に介護が必要となった時に、ロボットに委ねますか、それとも移民の介護者に委ねますか?」

 日独双方の参加者の反応は面白いほど明確に分かれた。日本側は圧倒的に介護ロボットを好み、逆にドイツ側は移民の介護者を好むという結果だったからだ。

 欧州では難民問題に苦慮している最中であったのに、ロボットの誤動作の方がよほど心配だとのことであった…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです