メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別支援

コーディネーターを専任化へ

 政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫・早稲田大総長)が、発達障害などを抱える児童・生徒を支援するために教員が兼務する形で各学校に配置されている「特別支援教育コーディネーター」を専任化することなどを第9次提言の素案に盛り込むことが分かった。20日午後に開かれる同会議に示し、5月中にも安倍晋三首相に提出する。

 特別支援教育コーディネーターは現在ほぼ全ての小中高校に配置されているが、学級担任などを兼務しているケースが大半とされる。このため「研修などで専門性を身につける時間的余裕がない」「コーディネーター業務まで手が回らない」といった課題が指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです