特別支援

コーディネーターを専任化へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

教育再生実行会議が提言へ

 政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫・早稲田大総長)が、発達障害などを抱える児童・生徒を支援するために教員が兼務する形で各学校に配置されている「特別支援教育コーディネーター」を専任化することなどを第9次提言の素案に盛り込むことが分かった。20日午後に開かれる同会議に示し、5月中にも安倍晋三首相に提出する。

 特別支援教育コーディネーターは現在ほぼ全ての小中高校に配置されているが、学級担任などを兼務しているケースが大半とされる。このため「研修などで専門性を身につける時間的余裕がない」「コーディネーター業務まで手が回らない」といった課題が指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文871文字)

あわせて読みたい

ニュース特集