熊本地震

被災地応援…「銀座熊本館」売り上げ急増…東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「銀座熊本館」で買い物をする客=東京都中央区銀座5で2016年4月19日、柳澤一男撮影
「銀座熊本館」で買い物をする客=東京都中央区銀座5で2016年4月19日、柳澤一男撮影

 熊本県を中心に14日から続発している地震で、被災地を応援しようと東京都中央区銀座にある熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」に多くの買い物客が訪れている。週末の16、17日は、2日間で県のPRキャラクター「くまモン」グッズや特産品を求める客が通常の2.5倍も訪れ、売り上げは昨年4月の2日間平均の4倍超。19日も午前11時の開店前に、約80人が列を作った。

 熊本県東京事務所によると、16、17日の来店客は、2日間としては過去最高となる6100人。売り上げも過去最高で596万円を記録した。約1000種の名産品やキャラクターグッズが販売されているが、地震の影響で流通や生産が十分でなく、デコポンの生ジュースやからしレンコン、生鮮品など一部の商品は品薄になっている。同事務所くまもとセールス課の堀敦博課長(50)は「品薄や売り切れの商品もあるが、加工品など在…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集