核のごみ

「海底地下でも処分可能」経産省部会が報告書案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分を巡り、経済産業省の作業部会は19日、沿岸部の海底地下(海岸線から約15キロ以内)に埋め立てる方法について、「技術的に実現可能性がある」とする報告書案をまとめた。海底の地下は人への影響が少なく、土地利用の制限も小さいために処分場…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

ニュース特集