メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

書いて考えよう、この国を=近藤勝重

 文章教室を開いて子どもたちに作文を書かせている。「おー、そう来たか」。面白い。感嘆しつつ、ふと思う。大人はどうなんだろう。本当は大人こそもっと文章を書かなければいけないのではなかろうかと。

 アベノミクスだ、1億総活躍社会だ、とスローガン政治がまかり通る中で、格差社会は拡大する一方だ。いくら世の中でお金が動いても、よくならない暮らしに生活者、とりわけ子育て中の女性や親の介護などに疲れ果てた人からの切実な訴えは、メディアにあふれている。一体、幸せとは? 豊かさとは? 価値ある生き方とは? もはやぼくらは立ち止まり、考え直さなければならない時を迎えているのではないか。

 このコラムの読者からも、そういう趣旨の声をたくさん頂いている。なかには困窮極まる自分をつづり、必死…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです