メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

レイチェル・マクアダムス 闇の中で探す真実 映画「スポットライト」記者役に

=内藤絵美撮影

 ジャーナリズムの「スクープ」には2種類ある。誰も知らない新事実をドカンと明かす特ダネと、その事実は既に知られているが、実際はもっと根深い問題だということを知らしめる調査報道。前者は華やかだが、後者はやや目立たない。その地味な取材活動を描いた映画「スポットライト 世紀のスクープ」で、地を這(は)うような取材を重ねる女性記者を演じた。本作は第88回アカデミー賞作品賞を受賞。自身も同助演女優賞にノミネートされ、その演技は高く評価された。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです