メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

老舗パン屋を復活させた永田真季さん /鳥取

老舗パン屋を復活させた永田真季さん=倉吉市新町1で、小野まなみ撮影

祖母の思い継ぎ日々奔走 永田真季さん(37)

 倉吉市の白壁土蔵群の一角で、パン店「エルハイナー永田」を経営する。1947年ごろに祖父母が開業した老舗。祖母が脳梗塞(こうそく)で倒れたため、2011年7月からやむなく閉店していたが、今年1月に復活させた。

 幼い頃から店で袋詰めなどを手伝った。20歳の時に上京し不動産会社で働いたが、自分には向いていないと気付いた。「自分にできるのはパンを作ること」と3カ月で退職。関東や関西のパン店でアルバイトし修業を重ねた。3年前に祖母が亡くなったのを機に倉吉へ。「祖母に『パン屋をやってな』とずっと言われていたから。でも、店をやる自信が無くて、自分がどうしたいかも分からなかった」。手探りの…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです