メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幡多農高

収穫、心待ちに 恒例の田植えに150人 四万十市 /高知

水田で田植えの実習をする生徒たち=高知県四万十市の県立幡多農高で、真明薫撮影

 四万十市古津賀の県立幡多農業高(宮川雅一校長)で20日、恒例の田植えが行われた。園芸システム科など4学科の3年生や地域住民、児童ら約150人が参加した。

 田植えの実習は1996年から実施されている。98年から「学校農場の一般市民への開放」として、お年寄りや児童にも参加してもらうようになった。

 実習には3年生121人のほか、古津賀保…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです