メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

発生1週間 避難なお9万人 死者48人、関連死10人

夕飯の配食に並ぶ大勢の人たち。奥のグラウンドには車中泊をする人たちの車が並んでいた=熊本県益城町の広安小学校で2016年4月20日午後5時49分、兵藤公治撮影(一部画像を処理しています)

 熊本地震で避難のための身体的負担などによる震災関連死とみられる人が、県内の4市町で少なくとも計10人に上ることが分かった。20日午後7時半現在、県警の検視を受けた地震の直接の死者は48人で、なお2人が安否不明。14日の地震発生から21日で1週間だが、県内には約9万人が避難を続けている。

 車中泊によるエコノミークラス症候群の疑いなどで亡くなったケースが震災関連死とされる。10人の市町村ごとの内訳は、熊本市7人▽阿蘇市1人▽御船(みふね)町1人▽益城(ましき)町1人。県は20日、震災関連死を県内で計11人と発表し、益城町では2人としたが、町は1人は直接死との見方を示している。

 熊本市によると、東区の女性(67)と北区の女性(88)は16日、車中泊をしていて心肺停止の状態で病院に搬送され、死亡が確認された。車中泊していた西区の女性(51)も18日に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです